有料会員限定

歴史的好況に沸くドイツの内憂外患 [ドイツ]EU優等生の孤独と苦悩

印刷
A
A
1 トルコ人が多いベルリンのクロイツベルク地区 2 ミュンヘンでは好景気を受けてベビーブームが起きている 3 ベルリンの若者がブランチを楽しむ、古い市場を改装したカフェ

特集「欧州激動」の他の記事を読む

ドイツ南部の大都市ミュンヘン。ここでは今、ベビーブームが起きている。

町を歩いていると、赤ちゃんを連れた若い夫婦が、これまで以上に目立つようになった。朝になるとマンションの上の階からも下の階からも、赤ん坊たちの元気のよい泣き声が響いてくる。2013年にミュンヘンで生まれた赤ちゃんの数は1万5951人。13年前に比べて31%の増加だ。今の好況が出生数の増加に結び付いているのは間違いない。

4 ビール祭の会場。南欧諸国救済に懐疑的なバイエルン地方の保守層 5 買い物客でにぎわうベルリンの食料品市場 6 クリスマス商戦の飾りつけが目を引くミュンヘンの商店街

劇的な失業者の減少 独り勝ちの好況に沸く

労働市場に目を向けると、求人が湧くように発生している。

町では、スーパーなど小売店で従業員を募集するチラシを多く目にするようになった。

大手メーカーではエンジニアやITスペシャリストなどの高い技能を持った人材が大幅に不足している。このため、スペインやポルトガルなどから優秀な人材をスカウトして賄う状況だ。スペインなど南欧諸国では、ドイツ語を教える語学学校の人気が高まっている。

昨年12月のドイツの失業率は4.8%。欧州連合(EU)では最低水準だ。モノづくりのメッカである南部バイエルン州とバーデン・ヴュルテンベルク州では昨年夏に一時失業率が4%台を割り、事実上の「完全雇用」を達成した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
欧州激動
EU28カ国+5カ国の最新データ掲載!
[メディア]襲撃事件に震撼!?
欧州の金融システムは危機を克服しつつある
欧州で最も注目される欧州専門家が分析
[金融]資金繰りはECG頼み
“欧州リスク"の今後を占う
[北欧]小国フィンランドで
南北格差2 [イタリア]
ギリシャ/スペイン/アイルランド/ポルトガル
「EUの成り立ち」
早わかり!マンガで読み解く
欧州から離れつつあった英国を現地ルポ
特別寄稿
フランスは「ヨーロッパの病人」ですか?
INTERVIEW
[フランス]聖域と化した労働市場
[ドイツ]構造改革の光と影
車需要は底脱したが“反ユーロ"に懸念
ダイムラー会長に聞く欧州景気
[ドイツ]EU優等生の孤独と苦悩
キーパーソンの相関関係 全一覧
一目でわかるEU
図解 経済データで総まくり
カリスマ講師 細野真宏氏が解説
世界経済の中の位置づけ
欧州とイスラムの共存はかなり困難だ
INTERVIEW 内藤正典
シャルリー・エブド襲撃後のフランスルポ
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内