有料会員限定

芽吹く起業家精神 [北欧]小国フィンランドで

印刷
A
A

特集「欧州激動」の他の記事を読む

ギリシャに代表されるように、混迷する欧州経済だが、暗い話ばかりではない。一筋の光明となるのが、北欧のフィンランドで活発になる起業支援の広がりだ。

きっかけは携帯電話メーカー、ノキアの経営不振だった。同社は2011年まで携帯電話端末で世界首位を誇ったが、米アップルのアイフォーンなどスマートフォン誕生の波に乗り遅れ、業績が急速に悪化した。14年4月には、携帯端末部門を米マイクロソフトに54.4億ユーロ(約7300億円)で売却。規模を縮小した現在は通信インフラ領域に特化している。

この出来事は、フィンランド国民に衝撃を与えた。なにしろノキアは同国におけるGDPの約4%を占めていたからだ。「ノキアとフィンランドを殺したのはアップルだ」。昨年10月、同国の格付けを格付け会社が引き下げた際、ストゥブ首相はメディアにこう語ったと伝えられている。

1.4万人が参加する世界最大規模のイベント

ノキアの失速からどう立ち直るか。その試行錯誤の中で生まれたのが、近年大きな盛り上がりを見せているイベント「SLUSH(スラッシュ)」だ。運営元は民間の非営利団体で、フィンランド政府が後援している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
欧州激動
EU28カ国+5カ国の最新データ掲載!
[メディア]襲撃事件に震撼!?
欧州の金融システムは危機を克服しつつある
欧州で最も注目される欧州専門家が分析
[金融]資金繰りはECG頼み
“欧州リスク"の今後を占う
[北欧]小国フィンランドで
南北格差2 [イタリア]
ギリシャ/スペイン/アイルランド/ポルトガル
「EUの成り立ち」
早わかり!マンガで読み解く
欧州から離れつつあった英国を現地ルポ
特別寄稿
フランスは「ヨーロッパの病人」ですか?
INTERVIEW
[フランス]聖域と化した労働市場
[ドイツ]構造改革の光と影
車需要は底脱したが“反ユーロ"に懸念
ダイムラー会長に聞く欧州景気
[ドイツ]EU優等生の孤独と苦悩
キーパーソンの相関関係 全一覧
一目でわかるEU
図解 経済データで総まくり
カリスマ講師 細野真宏氏が解説
世界経済の中の位置づけ
欧州とイスラムの共存はかなり困難だ
INTERVIEW 内藤正典
シャルリー・エブド襲撃後のフランスルポ
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内