有料会員限定

ギリシャ危機は日欧銀行に飛び火 [金融]資金繰りはECG頼み

印刷
A
A

ギリシャの銀行の資金繰りはECB頼み。危機が他国へ 飛び火すれば日本の銀行や投資家も無傷ではない。

特集「欧州激動」の他の記事を読む

預金流出が止まらない──。42億ユーロ(約5600億円)がギリシャの銀行の預金から消えた(2014年12月の1カ月間、図表1)。預金残高合計1600億ユーロの約3%を占める額だ。ギリシャ中央銀行が公表している正式な値はここまで。金融市場関係者の間では、15年1月にはその倍以上の100億ユーロ(約1兆3300億円)超、2月もこれを上回るペースで預金が流出している、とみられている。

[図表1]
拡大する

とはいえ足元、「ギリシャの人々が銀行の前に列を成し、焦って預金を引き出そうとしている姿はない」(欧州ブリューゲル研究所シニアフェローのニコラ・ヴェロン氏)。取り付け騒ぎによる混乱はないようだが、粛々と、そして大量に預金は流出し続けている。

ギリシャ最大手ギリシャ・ナショナル銀行。取り付け騒ぎの様相はない(ロイター/アフロ)

預金不安が広がったのは、1月下旬のギリシャ総選挙がきっかけだ。緊縮財政に反対する党が政権を握ると予想され、事実その方針のチプラス政権が誕生した。09年にギリシャ財政の粉飾が発覚して以降、ギリシャの銀行は信用力を事実上ECB(欧州中央銀行)に頼ってきた。それがチプラス政権になり、緊縮財政が継続されなければECBからの支援が打ち切られるとみられ、ギリシャの銀行に対する信頼が揺らいだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
欧州激動
EU28カ国+5カ国の最新データ掲載!
[メディア]襲撃事件に震撼!?
欧州の金融システムは危機を克服しつつある
欧州で最も注目される欧州専門家が分析
[金融]資金繰りはECG頼み
“欧州リスク"の今後を占う
[北欧]小国フィンランドで
南北格差2 [イタリア]
ギリシャ/スペイン/アイルランド/ポルトガル
「EUの成り立ち」
早わかり!マンガで読み解く
欧州から離れつつあった英国を現地ルポ
特別寄稿
フランスは「ヨーロッパの病人」ですか?
INTERVIEW
[フランス]聖域と化した労働市場
[ドイツ]構造改革の光と影
車需要は底脱したが“反ユーロ"に懸念
ダイムラー会長に聞く欧州景気
[ドイツ]EU優等生の孤独と苦悩
キーパーソンの相関関係 全一覧
一目でわかるEU
図解 経済データで総まくり
カリスマ講師 細野真宏氏が解説
世界経済の中の位置づけ
欧州とイスラムの共存はかなり困難だ
INTERVIEW 内藤正典
シャルリー・エブド襲撃後のフランスルポ
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内