有料会員限定

「あこがれ」よりも「実用性」重視 人気の国はどこ? 移住先を決める基準に変化

印刷
A
A

海外移住先として、東南アジアの存在感が増している。ロングステイ財団の調査を見ても、2013年度の長期滞在希望国・地域トップ10のうち五つを東南アジアの国が占めている(図表1)。特にマレーシアは8年連続のトップだ。

[図表1]
拡大する

特集「本気で考える 海外移住&資産運用」の他の記事を読む

海外留学、移住をサポートするアエルワールドを訪れる顧客も「マレーシアを移住先に選ぶ人が多い」と大森健史社長は言う。以前はシンガポールを選ぶ人も多かったが、シンガポールドルの上昇、住宅価格の高騰で生活費が高くなってしまった。「それに比べてマレーシアにはお得感がある」(大森社長)。

海外移住の目的は、「シニア層の定年退職後の生活の場」「富裕層の税金対策」「子育て世代の子どもの教育」と大きく三つに分けられる。中でも最近のトレンドは教育移住だ。

インターナショナルスクールの選択の幅が広く、また、カナダ、オーストラリア、欧米と比べて学費が格安なマレーシアは、「使える費用に限りはあるが、子どもに英語を身に付けさせ海外の一流大学に進学させたい」と考える30~40代からの注目度が高い。また、シンガポールなどと比べてビザ取得のハードルが低いということもある。父親は日本で仕事を持ち、母親と子どもだけが移り住む母子留学先としても関心が高まっているが、マレーシア・マイ・セカンドホーム・プログラムの場合、ビザ申請者と配偶者、21歳未満の未婚の子どもに加え、60歳以上の両親とともに三世代一緒に移住できる(→関連記事へ)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
本気で考える 海外移住&資産運用
サラリーマン投資家が語る
費用と手間が想像以上
海外投資の税の基本
東南アジアに熱視線
外貨預金より低コストだが
REIT
REIT
債券
債券
株式
株式
海外投資 虎の巻
Part2 海外資産運用編
永住権の取得には高い壁
もう行きたくない また住みたい
人気の海外移住先で暮らす!
人気の海外移住先で暮らす!
人気の海外移住先で暮らす!
人気の国はどこ? 移住先を決める基準に変化
海外一流大学へのパスポート
真の狙いは教育移住
Part1 海外移住編
円安・インフレに「脱ニッポン」で備える
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内