「ガバナンス」なき企業に上場の意味なし

金融庁が突きつけた上場企業へのメッセージ

また、③の政策投資株式については、提携などに付随して株式を持ち合うケースがある。従来、その株式に関する議決権の行使基準に対する説明は、十分とは言えなかった面があっただけに、ここでも企業は入念な準備を迫られるに違いない。

なお、同コードの運営等に関する細目については、今後、東京証券取引所が策定作業にあたる。その際、同コードへの対応に相当の経営資源を投ぜざるを得ないという観点から、同コードの対象が東証一部、二部の上場企業に絞られる可能性がある。

裏返せば、新興市場の企業群は同コードの対象外となりえるわけだが、そうなると、東証一部、二部の上場企業と、新興市場の企業の間で、コーポレートガバナンスを通じた外部への情報開示のレベルが異なってくることも、ないわけではない。ひいては、新興市場の在り方が新たに問われることにもなりそうだ

(撮影:尾形文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。