【産業天気図・家電・AV】エコポイント剥落で国内活況が一転、年明けから下り坂へ

拡大
縮小


 だが11年4~9月は、環境がガラリと変わる。国内市場はエコ特需剥落が直撃。11年7月24日の地上デジタル放送の完全移行までは、ある程度のテレビ販売は期待できるものの、減少は避けられないだろう。激しい落ち込みを、スマートフォンやタブレットPCなどの新端末でどこまで補えるかがカギで、激しい販売競争が繰り広げられることになりそうだ。

海外に目を向けても、環境は明るくない。テレビの最大市場である北米は、金額ベースで微増程度の成長しか期待できない。代わりに中国など新興国市場の成長に期待が集まるが、韓国メーカーや現地メーカーなどとの価格競争が厳しい。日本メーカー各社は海外でのシェア拡大をもくろんでいるが、利益を確保するのは容易でないだろう。山高ければ谷深し。11年度にかけて家電各社には高いハードルが待ち受けている。
(前田 佳子=東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT