シャープ復調の“立役者”に強まる逆風

米国の太陽光発電子会社を売却へ

ただし、今後の国内の太陽電池市場には不透明感が漂っている。14年度は電力の買取価格の減額や、消費増税に伴う需要の反動減の影響で、成長が減速。さらに産業用ソーラーでは、九州電力などが需給バランスの都合で、買い取りを中断していることが逆風となっている。

 中国勢の躍進が打撃

さらにシャープを含む日系メーカーに打撃となっているのが、中国勢の躍進だ。世界大手のトリナ・ソーラー、インリー・グリーンエナジーなどが近年、日本市場に続々参戦。産業用に続き、「今後は住宅用ソーラーも拡販する」(中国メーカー日本法人幹部)と低価格を武器に攻勢をかけている。

シャープも産業用ソーラーについては、「今後電力の買取価格の下落が見込まれ、事業としては厳しくなる」(同社関係者)。そのため、需要継続が見込める住宅用で勝負する構えだ。大阪・堺工場で、発電効率の高さがウリの「単結晶ブラックソーラー」を生産し、蓄電システムなどとの一括販売を図っている。

欧米から撤退し、国内住宅用を主戦場に太陽電池事業を成長に導けるか。課題の“液晶一本足”経営の脱却へ向け、シャープは難題を背負っている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。