「バズフィード」が快進撃を遂げた本当の理由

「受け狙い」だと思ったら大間違い

同サイトのビジターの70%がソーシャル・ネットワークからやってくるというのは、そうしたテクノロジーの効果の一面が感じられるものだ。ちなみに、バズフィードでは20人のスタッフが、ピンタレストやタンブラー、インスタグラムなどの他のサイトへの投稿を専門に行っているという。

創業のきっかけは、ナイキへのメール

さて、共同創業者のジョナー・ペレッティーは、バズフィード以前にも別のメディアを成功させている。それはハフィントン・ポストである。3人の創業者のひとりとして立ち上げに関わり、同サイトがAOLに売却された後に独立した。

だが、それ以前のペレッティーの履歴はメディアとはほぼ無関係であったと言っていい。最初の仕事は、ニューオリンズの高校のコンピュータの先生。ところが、生徒たちとやったプログラミングのプロジェクトをいろいろなところで発表しているうちに、マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボへ行って研究をすることになる。内容は、コンピュータと教育だ。

ペレッティーがコミュニケーションやメディアに関心を持ったのは、メディアラボ在籍時代に注文しようとしたナイキのスニーカーがきっかけだ。

ナイキがカスタム・メイドを売りに、ユーザーが自分の名前をスニーカーに入れられるサービスを開始。ペレッティーは、名前の代わりに「スウェットショップ」と入れるよう注文したのだ。ナイキの製造を支えている途上国の労働者の環境を、ここに刻もうとした。

ところが、ナイキから届いたのは「製造不可」のメール。そこから、ペレッティーがナイキ担当者とやりとりしたメールが口コミで広がったことで、ペレッティーは「口コミ」メディアに関心を抱くようになったのである。

「人々がメディアをどう消費しているのか。それに合わせたメディア会社を目指している」とペレッティーは語っている。メディアはどこへ行くのかという大きな問いへの、ひとつの試みがバズフィードなのである。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。