日本マクドナルド、11月既存店は-12.3%に

8月を底に改善傾向

 12月8日、日本マクドナルドが8日発表した11月の売上高によると、既存店は前年同月比12.3%減となった。東京の店舗で7月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 8日 ロイター] - 日本マクドナルドが8日発表した11月の売上高によると、既存店は前年同月比12.3%減となった。2月以降、前年比マイナス傾向は続いているが、8月の同25.1%減を底に改善を示している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 性暴力サバイバーの明日
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。