POPの達人に学ぶ、心に刺さる言葉

<動画>いか文庫流、人を引き付けるコツとは?

いか文庫:本好きを増やすべく、また本好きに満足してもらうべく、棚作りだけでなくイベントを開催するなど幅広く活動している組織。店主である粕川さんは元ヴィレッジヴァンガードの書店員

前編で活動内容を紹介した、いか文庫という不思議な組織。知らない人が一見するとどうしても不思議さが先行するが、彼女たちの実力は折り紙つき。「書店の棚を作ってほしい」という依頼が全国から舞い込んでいるという。

評価されているのはひと口で言えば、センスの良さだろう。本を選ぶセンス、POPを書くセンス。今回はこのPOPについてお伝えしたい。

ご存じの方も多いと思うが、POPとはPoint of Purchase=店頭の略。正確には「POP広告」だが、出版業界でPOPといえば、画用紙等に個性的な字体で訴えかけるような文句を書いて本に付け、書店を訪れた人に直接訴求するツールだ。

面白さを伝えたい時に「面白い」は要注意

実際に棚作りを依頼したことのある紀伊国屋書店の書店員は、いか文庫のPOPを手放しに賞賛する。

「お客様の心をワッとつかむのがものすごく上手」

また、いか文庫が主宰するPOPのワークショップの参加者は、

「仕事の現場でも、短くても相手の琴線に触れる言葉のチョイスができるとより伝わる」

と、ビジネスにおける短いフレーズの重要性を語る。言葉を選ぶセンスは場所を問わず必要とされているのだ。粕川さんの強みは、自分のPOPテクニックを抽象化して語れること。取材で訪れたワークショップで彼女が言うには「面白い」は要注意ワード。いったいどのような注意が必要なのか。

音量にご注意ください

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT