段ボールで異次元VR体験。ハコスコって?

<動画>1000円で買える理研発のイノベーション

(音量にご注意ください)
株式会社ハコスコ・藤井直敬CEO。1965年広島生まれ。東北大学医学部卒、同大大学院にて博士号取得。MIT(マサチューセッツ工科大学)上級研究員を経て、04年から理研へ。現在は、脳科学総合研究センター適応知性研究チームPI。http://hacosco.com/

バーチャルリアリティ(VR=仮想現実)が、とても身近なものになろうとしている。イノベーションを起こしたのは、理化学研究所発のベンチャー企業・ハコスコ。CEOである藤井直敬氏は、2008年から同研究所センター適応知性研究チーム・チームリーダーとして、適応知性および社会的脳機能解明をテーマに研究している脳科学者だ。

ハコスコの何がスゴイかというと、圧倒的な価格競争力につきる。近年、話題になっているヘッドマウントディスプレイ・オキュラスリフトは約4万1300円(350㌦、1㌦=118円)だが、ハコスコは単体で1000円。雑誌の付録としてついていることもある。

価格の秘密は、再生装置という高価なハードを個人のスマホで代替したことにある。材料は段ボールとレンズだけで、コンテンツとなる360度の映像は専用のアプリで再生するのだ。こうすることでVR体験の敷居を下げ、誰もが手の届くものにした。体験するだけでなく、自分でコンテンツをアップできる仕組みも整えてある。

「見る」よりも「体験する」という感覚

実際に試してわかるのは、ハコスコは「見る」のではなく「体験する」という感覚に近いことだ。取材時のハコスコ体験をしばらくたってから思い返すと、脳からは「映像を見た」よりも、「その場にいた」という信号が送られている気がしてくる。もちろん、実体験よりは薄い信号ではある。朝起きた時にうっすら覚えている夢のような。それでも、ハコスコの体験は、映像と実体験の間にあった。

そもそも脳科学者である藤井氏が研究のために開発したのはSR(サブスティテューショナルリアリティ=代替現実)システムだった。これは「現実と仮想空間の境目をなくすことで、体験者はいつ現実から仮想空間に行ったのかわからない。そういうことを可能にした」(藤井氏)世界で初めての技術だ。

これはハコスコと違い、テクノロジーの詰まったハードと一定の空間を必要とする。圧倒的な没入感により、現実空間と代替空間が入り混じる体験は想像を絶するものだった。

人気記事
トピックボードAD
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。