“エア本屋"いか文庫っていったい何だ?

<動画>よくわからないのに人が集まる、という謎

元ヴィレッジヴァンガードの書店員だった粕川ゆきさんのPOP作成センスは抜群。後編ではPOP作成術をお届けする

これまで紹介してきたスタートアップの中で、最もスタートアップらしからぬ組織が、粕川ゆきさんが主宰する「いか文庫」だ。

そもそも、組織とさえ呼べないかもしれない。何しろ、いか文庫は現状では法人化しておらず、しっかりした収益基盤もなく、スタッフに定期的な給与が発生するワケではない。手伝ってくれた人に支給されるのは、パンだという。

いか文庫の紹介の前に、まずはスタートアップという言葉を確認しておこう。今話題のピーター・ティール著の「ゼロ・トゥ・ワン」(NHK出版)の言葉を借りれば(脚注ですが)、スタートアップとは以下のように説明される。

「狭義には新しく起業したベンチャーの中でも特に、テクノロジーによるイノベーションによって新たなビジネスモデルを作り、ベンチャーキャピタルからの資金調達を元手に急成長を目指して、株式公開(IPO)や大企業による買収を狙うもの。」

いか文庫に当てはまる要素はひとつもない。しかし、それでも取り上げたくなる魅力が彼女たちにはある。

「すぐに動かないと、形にならない」

いか文庫が自らを称するときに使う言葉は「エア本屋」。ある時は書店の棚を自らのセンスでコーディネートし、POPを制作。また、ある時は本を楽しんでもらうような体験型のイベントを企画し、書店・古書店と連携して開催。10月には、クラウドファンディングで集めた資金をもとに、ミュージシャンらと渋谷で本と音楽のライブイベントを実現させた。

粕川さんは実際の書店員。粕川さんは自分たちの魅力を「よくわからないところ」だと語る。ファンたちに聞いてもそう答えるし、実際に取材してみてもよくわからない。しかし、粕川さんの言葉には、起業家に通じる要素がある。

「思いついたことはすぐに動き出さないと形にならない」という、その言葉の真意はどこにあるのだろうか。

音量にご注意ください
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT