ソフトバンクが惚れた「配車アプリ」の実力

創業2年のアジア企業に300億円を出資

実際、運転手側にとっても、グラブタクシーの契約者になるメリットは小さくない。通常の流しのタクシーであれば、客を探すのにあてもなく走り回らなければならないが、グラブタクシーの運転手であれば自分が走っている近くにいる客を効率よく拾えるからだ。現在、登録している運転手の数は6カ国で約6万人に上るが、応募は引きも切らない状態だ。

狙いはアッパーミドルクラス

グラブタクシーの利用者は国によって若干異なる。たとえば、シンガポールなどスマホ利用率が高い国では、一般的に利用されている。一方、ベトナムやフィリピンの場合は、スマホを持っていて、タクシーを利用できるようなアッパーミドルクラス以上の利用者がほとんどだという。もっとも、格安スマホなどの台頭で、今後東南アジアでもスマホが爆発的に普及することが見込まれている。

加えて、「グラブタクシーができたことで、高くて不便で安全面に問題があると思われてきたタクシーのイメージも、安全で便利なモノだという認識が急速に広がりつつあり、タクシーの利用者数自体が膨らんでいる」(ゴー氏)。

既存業界に風穴を開けることで躍進するグラブタクシー。はたしてソフトバンクにとって、アリババのような“おいしい投資”になるだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT