トヨタがインド攻略小型車「エティオス」発表、出遅れ挽回の切り札となるか

--価格については強気との印象もあるが。

(先行して販売している)カローラについては「品質はいいが高い」という評価を受けていた。エティオスはスターティングプライスが安いところにあるうえ、上級グレードもあるので選択の幅が広がった。お客様の幅が広がると思っている。

--日産などインドで大規模な投資をスピーディに決断しているが、トヨタはインドで何を重視するのか。

日産のやり方は知らないが、トヨタは「道がクルマをつくる」と考えている。グローバル車種と一言で言っても、クルマが走る道やお客様のことをじっくり理解しないと評価されない。

 トヨタの展開が決して遅いということはなく、商品の開発や人材育成にかける時間をいただいたということ。エティオスが売れていくことで、クルマをつくる人材、アフターサービスする人材が育っていくのを見て、再度ご評価いただきたい。

--ほぼ同時期にインドに進出した現代自動車に比べて、シェアなどで大きく見劣りしているが、どう見ているか。

トヨタのインド進出は1997年から。そこから今までのインド事業への取り組みと、今日これからは違う。一番の違いは、やっとインドに適したクルマの開発ができたことだ。

エティオスというクルマはインドのお客をよく研究してつくられた。クルマとともに市場をつくり、お客様との絆を育てていく、そして私たちのビジネスも拡大していくという流れができればよい。

--社長はエティオスを運転してみて、どう感じたか。

軽いという感覚を持った。インドの道に軽やかに対応できるのでは。軽いということは燃費にも有利だ。また、正面から見ると笑顔に見えるデザインだが、長く使ってもらえるお客にとっては、いろいろな表情を楽しめるクルマになっているのではないか。

◆トヨタ自動車の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT