ムーディーズ、日本国債A1に格下げの理由

G7でイタリアに次いで低い格付けに

――日本銀行の10月31日の追加緩和はどう見ているか

信用力にはポジティブと見ている。企業の設備投資の抑制の大きな理由は、デフレだと考えているからだ。ただし、金融緩和による景気刺激策は一時的だという見方は変えていない。余りにも金融緩和が長く続いていることによって経済にマイナスの影響を与えるということも考えなくてはならない。米国が金融緩和策の縮減に踏み切り、出口に向かっているのはそのためだ。重要なのは成長のための構造改革、サプライサイドの政策だ。

――期待成長率が低いので、期待インフレ率を上げることも難しいのではないか。

黒田東彦総裁もそう言っているし、デフレの脱却は非常に難しいと思う。今後を見届けたい。

財政健全化へ向け新たに作成される計画を注視

――消費再増税を先送りした分、中期財政目標達成の時期をこれまで通りとするには、何らかの追加的なコミットメントがないと評価できないと思われるが。

2016年度の予算では税収増の不足分を何らかの補てんをしなければならない。15年度も一部不足が発生することになる。時間の経過とともに、埋め合わせしなければならない額は大きくなる。政府が15年夏に作成するとしている財政健全化へ向けた計画を見極めなければならない。信用力の判断上重要なアナウンスだ。それまでの間に、何らかのショックがある可能性は見ていない。

――先進国中で相対的に低い格付けとなっているが。

小泉改革以来、日本の金融システムが強化され、健全であるということはイタリアとの大きな違いだ。ソブリン(政府債務信認)危機は銀行システムの危機に端を発することが多い。また、日本の場合は国内投資家が国債に強固な資金基盤を提供していることもA1格付けを支えている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT