リオが誇る「世界最大の浮かぶツリー」とは?

<動画>リオの3番目の名物として定着

真夏の湖面に浮かぶクリスマスツリーはリオの名物だ(写真:AP/アフロ)

11月29日夜、世界でもっとも高い、水上に浮かぶクリスマスツリーがリオデジャネイロ市内にあるロドリゴ・デ・フレイタス湖にお目見えした。

ツリーの名前は、「ブラデスコ・セグロス・クリスマスツリー」。これはギネスブックにも登録された「世界でもっとも大きな、浮かぶクリスマスツリー」で、高さは85メートル、重さは542トンにもなる。29日には花火とイルミネーションを連動させた壮大なショーが行われた。

310万もの電球

こちらがメキシコシティにある「世界でもっとも高いクリスマスツリー」(写真:ロイター/アフロ)

高さ85メートルのツリーには310万もの電球が付けられており、なんと120キロメートル分の電気コードが巻きつけられている。そのほかにも多数のストロボやLED調整装置などが取り付けられ、まさにイルミネーションのてんこ盛り状態。これは1996年に始まったイベントで、今ではカーニバル、ニューイヤー・イブに続く3番目の観光イベントに位置づけられている。ロイターによると、今年は20万人ほどの観光客と地元住民が、イベントを楽しんだようだ。

ちなみに、地上にあるツリーも含めれば、「世界最高」のギネス認定ツリーはメキシコシティのレフォルマ通りにあるもので、高さは110.3メートル(2009年の記録)を誇る。

提供:ロイター(ナレーションは英語です、音量にご注意ください)

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT