リオが誇る「世界最大の浮かぶツリー」とは?

<動画>リオの3番目の名物として定着

真夏の湖面に浮かぶクリスマスツリーはリオの名物だ(写真:AP/アフロ)

11月29日夜、世界でもっとも高い、水上に浮かぶクリスマスツリーがリオデジャネイロ市内にあるロドリゴ・デ・フレイタス湖にお目見えした。

ツリーの名前は、「ブラデスコ・セグロス・クリスマスツリー」。これはギネスブックにも登録された「世界でもっとも大きな、浮かぶクリスマスツリー」で、高さは85メートル、重さは542トンにもなる。29日には花火とイルミネーションを連動させた壮大なショーが行われた。

310万もの電球

こちらがメキシコシティにある「世界でもっとも高いクリスマスツリー」(写真:ロイター/アフロ)

高さ85メートルのツリーには310万もの電球が付けられており、なんと120キロメートル分の電気コードが巻きつけられている。そのほかにも多数のストロボやLED調整装置などが取り付けられ、まさにイルミネーションのてんこ盛り状態。これは1996年に始まったイベントで、今ではカーニバル、ニューイヤー・イブに続く3番目の観光イベントに位置づけられている。ロイターによると、今年は20万人ほどの観光客と地元住民が、イベントを楽しんだようだ。

ちなみに、地上にあるツリーも含めれば、「世界最高」のギネス認定ツリーはメキシコシティのレフォルマ通りにあるもので、高さは110.3メートル(2009年の記録)を誇る。

提供:ロイター(ナレーションは英語です、音量にご注意ください)

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。