ベンツ「Sクラス」に乗ってみた! 1590万円のPHVモデルは何がすごいのか

拡大
縮小
フロントウインドウには車速やナビの情報が表示

つまり、時速60キロメートルで走っているのだが、筆者には時速30キロメートルぐらいのような感覚なのである。ちょっと寝不足だったのもあるかもしれないが、あまりにもゆったりしすぎてあくびが出てしまったほどだ。高速道路で長距離走行をしたら、いかに楽だろうかと想像した。

このほか数えればキリがないほど、先進の機能が満載されていた。ステレオカメラと6つのレーダーによって、周囲の状況を判断してアクセル、ブレーキ、ステアリングの操作を自動でアシストする部分自動運転が入っていたり、先行車に近づきすぎると予測すれば、アクセルペダルに若干の振動を与えて、それを知らせたり。カーナビの機能も最新鋭で、目的地を設定したら、フロントウインドウには目的地までの距離が表示。次に曲がる交差点の名前とそれまでの距離も映し出されるという、何とも至れり尽くせりなシステムが搭載されている。

自分で運転するより…

それ以外にもS550プラグインハイブリッド ロングには最新の機能が満載だ。キリがないので詳しくは割愛するが、あまりにもコンピュータ制御が行き渡り、静かで安定していて、何でもそろっているので、自分で運転するというより、オーナーは運転手に運転してもらって後席に座る車なのかと思った。

現時点では庶民には“異次元”の世界でしかないが、長い目で見れば無関係でもない。車の最先端技術はまず高級車に先行導入され、徐々に量販車へと広がっていく流れがあるからだ。10年後ぐらいには、それほど高価でもない車にも今のSクラスに搭載されているような機能が付いているかもしれない。自動車メーカーが先進技術に挑む裏側にある、超富裕層のすさまじい購買力を改めて感じた。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT