ソニー×ホンダ連合誕生に車好きが不安になる訳 「ソニーがホンダと組むなら面白い」の逆は?

印刷
A
A

ソニーの自動車ビジネス参入について取材を行い、また方々と話をする中で感じていたのは多くの人が「ソニーが作るクルマなら見てみたい」という期待感だった。今回の発表を受けても「ソニーがホンダと組むなら面白いね」という声は、すでに聞こえてきている。しかし一方で「ホンダがソニーと組むなら見てみたい、面白そうだ」というアングルからの議論はあまり盛り上がっていないのが現実である。

ソニーの吉田CEOは「サービスのプラットフォームはこのジョイントベンチャー、あるいはホンダ、そして他のOEM(相手先ブランドによる生産)も使ってくれれば、新しいモビリティへの貢献の幅が広がるんではないかと考えています」と話していたから、つまりホンダとの協業だけではなく、その先まで見据えているのは間違いない。したたかである。

どちらかの“らしさ”が際立つのではなく

他でもない自分もソニーというブランドには思い入れや期待をしてしまうが、一方で長くクルマを論じてきた者としては、その不均衡には悔しいような思いも抱いてしまう。そして正直、今回の発表、会見ではそれも致し方ないかと感じてしまった。ホンダにはぜひ、この新会社から登場するモデル、そしてそれを含むサービスでもプラットフォームでも、あらゆる面で、まさにホンダらしいと感じさせるものをしっかり具現化するべく力を入れてほしいと思わずにはいられない。

「(ソニーとホンダの)両社はともに“らしさ”を求められる稀有な存在」だと、三部社長は話していた。そのとおりである。それだけに、どちらかの“らしさ”が際立つのではなく、互いのそれがぶつかり合い、溶け合って、これまでにない魅力をもったプロダクト……あるいはプラットフォームやサービスに結実する姿こそを、2025年に登場するという新会社からの第1弾モデルには期待したい。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT