「17日のGDP数値を見て消費増税を判断」

G20で安倍首相が言明

 11月16日、安倍晋三首相は豪ブリスベーンでのG20首脳会議で、7━9月期GDPを見極めた上で消費増税の是非を判断する考えを示した。また別の日本政府関係者は、G20では円安に対する懸念の声は上がらなかったようだと述べた。写真は15日、アボット豪首相の歓迎を受ける安倍首相(2014年 ロイター/David Gray)

[ブリスベーン 16日 ロイター] - 安倍晋三首相は、オーストラリアのブリスベーンで開かれた20カ国・地域(G20)首脳会議で、7━9月期の国内総生産(GDP)を見極めた上で消費増税の是非を判断する考えを示した。

佐藤地外務報道官が16日明らかにした。

同報道官によると、首相はG20で3本の矢とデフレ脱却、健全財政に向けた政策について説明。消費増税の是非を判断する際にはこうした点が非常に重要になるとの認識を示した。そのうえで17日発表のGDP統計を勘案して決断する方針を示したという。

また別の日本政府関係者は、G20では円安に対する懸念の声は上がらなかったようだとの認識を示した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 本当は怖い住宅購入
  • 財新
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。