「もう辞めたい」部下を追い込むクラッシャー上司 実は優秀な社員ほど部下を潰しやすい傾向

印刷
A
A
部下を休職や退職に追いやる「クラッシャー上司」、あなたの会社にいませんか?(写真:Fast&Slow/PIXTA)
研修の企画・講師を年200回、トータル2000社、累計2万人を超えるビジネスリーダーの組織づくりに関わってきた組織開発コンサルタント・高野俊一氏による連載「上司1年目は“仕組み”を使え!」。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボにより一部をお届けする。

「もう辞めたいんです」

部下から差し出された退職願を見て、ショックで一瞬頭が真っ白に……。上司という立場になると、こうしたことも少なからず経験するようになります。

終身雇用制度がほぼ機能していない昨今、人が会社を辞めるのは珍しいことではありません。厚生労働省のデータでは、新卒3年以内の離職率は大卒でも30%以上となっています(平成29年3月卒業者)。

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

ある程度、人が辞めていくのは仕方がないとはいえ、なかには「この人の下につくと、社員がすぐに辞めてしまう」という、不名誉なレッテルを貼られてしまう上司がいます。

上司の働きかけは部下の意欲に関係する

部下を休職や退職に追い込み、潰してしまうという意味で「クラッシャー上司」と表現されることもあるようです。会社としても、そうした人には部下を預けることができず、評価が下がってしまったり降格になったりする場合もあるでしょう。

「そもそもやる気なんて、本人の心の持ちようだ」と思う人もいるかもしれませんが、部下の仕事に対するモチベーションと、上司の働きかけは密接に関係しています。

あなたは、部下のやる気を引き上げることができていますか? それとも逆に、部下のやる気を削いでしまってはいませんか?

部下をどんどん成長させることができる上司もいれば、部下のやる気を削ぎ、すぐに部下が辞めていってしまうような上司もいます。その違いはどこにあるのでしょうか。「この人のもとではもう働けない」と思われてしまう上司の特徴を押さえ、そうならないための対策と、部下への適切な働きかけをご紹介します。

次ページ人が仕事を辞める理由は大きく3つ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT