再建中の米ヤフーがAOLと合併?

主要株主が、AOLトップに合併働きかけ

 11月12日、米ヤフーのマリッサ・メイヤーCEO(写真)の再建計画に不満を持つ同社の一部株主は、米AOLのティム・アームストロングCEOに対して、ヤフーと合併するよう働きかけている。10月撮影(2014年 ロイター/Robert Galbraith)

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 米ヤフー<YHOO.O>のマリッサ・メイヤー最高経営責任者(CEO)の再建計画に不満を持つ同社の一部株主は、米AOL<AOL.N>のティム・アームストロングCEOに対して、ヤフーと合併するよう働きかけている。

ヤフーをめぐっては、物言う株主として知られるスターボード・バリューも、同社株をかなりの規模取得したうえで、AOLとの合併を検討するよう求めている。

ヤフー株主によると、アームストロングCEOは株主の提案に前向きな姿勢を示し、合併による利点も認識しているという。

ただ、実際に合併する可能性は低いとの見方を示しているほか、友好的な方法での合併のみを検討するという。

両社間で合併に関する協議は行われていないという。

AOLとヤフーはコメントを拒否している。どの程度の株主がアームストロングCEOに合併の提案をしているかは明らかでない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。