再建中の米ヤフーがAOLと合併?

主要株主が、AOLトップに合併働きかけ

 11月12日、米ヤフーのマリッサ・メイヤーCEO(写真)の再建計画に不満を持つ同社の一部株主は、米AOLのティム・アームストロングCEOに対して、ヤフーと合併するよう働きかけている。10月撮影(2014年 ロイター/Robert Galbraith)

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 米ヤフー<YHOO.O>のマリッサ・メイヤー最高経営責任者(CEO)の再建計画に不満を持つ同社の一部株主は、米AOL<AOL.N>のティム・アームストロングCEOに対して、ヤフーと合併するよう働きかけている。

ヤフーをめぐっては、物言う株主として知られるスターボード・バリューも、同社株をかなりの規模取得したうえで、AOLとの合併を検討するよう求めている。

ヤフー株主によると、アームストロングCEOは株主の提案に前向きな姿勢を示し、合併による利点も認識しているという。

ただ、実際に合併する可能性は低いとの見方を示しているほか、友好的な方法での合併のみを検討するという。

両社間で合併に関する協議は行われていないという。

AOLとヤフーはコメントを拒否している。どの程度の株主がアームストロングCEOに合併の提案をしているかは明らかでない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT