再建中の米ヤフーがAOLと合併?

主要株主が、AOLトップに合併働きかけ

 11月12日、米ヤフーのマリッサ・メイヤーCEO(写真)の再建計画に不満を持つ同社の一部株主は、米AOLのティム・アームストロングCEOに対して、ヤフーと合併するよう働きかけている。10月撮影(2014年 ロイター/Robert Galbraith)

[ニューヨーク 12日 ロイター] - 米ヤフー<YHOO.O>のマリッサ・メイヤー最高経営責任者(CEO)の再建計画に不満を持つ同社の一部株主は、米AOL<AOL.N>のティム・アームストロングCEOに対して、ヤフーと合併するよう働きかけている。

ヤフーをめぐっては、物言う株主として知られるスターボード・バリューも、同社株をかなりの規模取得したうえで、AOLとの合併を検討するよう求めている。

ヤフー株主によると、アームストロングCEOは株主の提案に前向きな姿勢を示し、合併による利点も認識しているという。

ただ、実際に合併する可能性は低いとの見方を示しているほか、友好的な方法での合併のみを検討するという。

両社間で合併に関する協議は行われていないという。

AOLとヤフーはコメントを拒否している。どの程度の株主がアームストロングCEOに合併の提案をしているかは明らかでない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 性暴力サバイバーの明日
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。