浜銀頭取、「再編はシナジーなければ無意味」

東日本銀行との統合交渉について言及

 11月10日、横浜銀行の寺沢辰麿頭取は、地方銀行の再編について「トップラインや資本効率の向上などシナジー効果がないと意味がない」と述べ、条件があえば予断なく検討するとした。2009年1月撮影)

[横浜 10日 ロイター] - 横浜銀行<8332.T>の寺沢辰麿頭取は10日、地方銀行の再編について「トップラインや資本効率の向上などシナジー効果がないと意味がない」と述べ、条件があえば予断なく検討するとした。本店での中間決算会見の席上で語った。

東日本銀行<8536.T>との経営統合については、検討しているのは事実とした先週の両行のコメントを繰り返すにとどめた。

寺沢頭取は再編に関して、一般論として「客との密接なリレーションを保つこと」「トップライン、資本効率が上がること」「ステークホルダーが納得できるもの」という3つの条件をあげた。

また、現在100超ある地銀の数についても、「経営環境が厳しいなか、それぞれの銀行が単独でやるよりも規模を大きくした方が経営の安定に資することもある」と述べた。

同行が同日発表した2014年9月期中間決算は連結純利益が12.9%増の350億円と過去最高となった。ただ、国内業務部門の資金利益は貸出金利の低下を融資残高の増加で補えず減少、与信関連費用の大幅減で増益を確保した。

寺沢頭取は決算について「物足りない。トップラインが伸びてボトムラインが上がるのが望ましい」と述べた。先日の日銀の追加金融緩和でさらなる金利低下が続くとの見通しを示し、当初今年度後半と見込んでいた貸出金利の底打ちが見えない「厳しい環境」と語った。

 

(浦中 大我)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。