続々上場!弁護士、医師がなぜベンチャー?

弁護士ドットコム×メドピア 社長対談

石見:食べログのような飲食店の口コミ情報も売り上げを左右するでしょうけれど、薬はもっと金額が大きくて、ひとつの薬剤で数千億円の売り上げがあるものもある。それがちょっとした風評で売り上げが下がれば会社は大損害です。

――たたかれるかもしれないとわかっていて、製薬会社のイベントに出ていたんですか。

石見:そうです。当時は薬剤師さんが集まるような会には製薬業界の人がけっこういました。あとは製薬会社の社内勉強会にも行きました。とにかく理解を得られるまでは、呼ばれたらしゃべりに行こうと決めていたんですよね。

メドピアがビジネスとして成立し始めたのは3年くらい前で、製薬会社のファイザーと提携するというプレスリリースを出した頃からです。それ以降はいろいろな製薬会社が、講演依頼ではなく取引の声をかけてくれるようになりました。

元榮:製薬業界は、大手1社の動きに、ほかも追従してくる感じなんですね。

石見:結構そういう印象がありますね。それまでは先方も興味はあるので話し合いのテーブルにはついてくれるのですが、役員会に通すまでには至らず、最後の最後にハシゴを外されるようなことが多かった。ファイザーはアメリカの会社なので、新しいことをとりあえずやってみようという文化が比較的あるようです。

元榮:じゃあ最初の1社がきっかけとなって。

石見:それまでもいくつかの小さい会社とは取引がありましたが、やはりファイザーは世界最大ですから影響力も大きい。ですから一本釣りで狙っていきました。

――そうなると、メドピアではビジネスとして、ファイザーの薬を取り上げることが多くなったりするんでしょうか。

石見:いえ、ファイザーも武田薬品も関係なく、われわれと契約しているいないにかかわらず、すべて勝手に評価します。われわれのサイトには今、日本で使われている約2300薬剤のデータがあって、これは薬の売り上げベースの9割以上をカバーしています。基本的に医者が思いつくような薬は、すべてメドピアの中で評価されているという状況です。

――では、ファイザー側にはどんなメリットが?

石見:ファイザーの薬もほかの会社の薬と同様に評価されますが、違うのは詳しい紹介ページにリンクされることです。たとえばファイザーが「チャンピックス」という禁煙の薬を出しているとしたら、「チャンピックス」に興味のある医者がその評価を見に行くでしょう。するとそのタイミングでファイザーは「チャンピックス」の宣伝ができる。

グーグルアドワーズにちょっと近い、ユーザーフレンドリーな広告を実現しているということですね。

――なるほど。お医者さんは薬を選ぶのに、ほかの医師の口コミを参考にしたがっているし、製薬会社にもメリットがある。弁護士ドットコムにしても、弁護士と一般の人の距離の遠さを痛感していたからこそのアイデアで、実際に弁護士を助けることにもなる。いずれも、業界を深く知るからこそ生まれたビジネスというわけですね。(次回に続く)

(構成:長山清子)
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT