アパレルで再編の気運、追い込まれる前に連合を形成

アパレルで再編の気運、追い込まれる前に連合を形成

互いに持っていないものを補う統合でシナジーは最大限発揮できる」。中島芳樹・東京スタイル社長は記者会見で自画自賛した。

「ナチュラルビューティーベーシック」を擁するサンエー・インターナショナルと「22オクトーブル」を抱える東京スタイルが2011年6月に経営統合する。売上高は1500億円を超え、ワールド、オンワードホールディングスに次ぐ、業界3位のアパレル企業となる見込みだ。

商品企画力には定評のあるサンエーと、中国直営工場など生産体制に強みを持つ東京スタイル。主要顧客はサンエーが20代、東京スタイルが30~40代と重複しないうえ、「両社ともレディスが主力で縫製工場を集約しやすい」と、衣料品コンサルタントの生地雅之氏は分析する。

もっとも今回の統合について、業界内では「うわさすら出なかった」(オンワード幹部)。アパレルの場合、「強いブランドが一つあれば何とかなる恵まれた業界」(三宅孝彦・サンエー社長)というのが、共通認識だからだ。

だが今後淘汰は時間の問題だ。主要販路である百貨店の既存店売上高は9月まで31カ月連続の前年割れ。その百貨店は従来縁のなかった「渋谷109」などに入居する、ファッションビルブランドまで投入している。低価格の外資系ファストファッションの進出も目白押しだ。「結果的に少なくなった販路を多数のアパレルで奪い合っている」(田中俊・SMBCフレンド調査センター主任研究員)。

逆風はそればかりでない。主力生産基地である中国の「激変」も焦りを募らせる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT