14期ぶり最高益の村田製作所、次の一手は スマホ向け部品が好調、工場はフル稼働

拡大
縮小
コンデンサは、スマホ向け部品などに使用される

もう一つの課題は、スマートフォン以外の成長ドライバを育てることだ。現在、売り上げ全体の半分以上が通信機器向け。中長期的に需要が飽和することが予想されるスマートフォンに代わり、業績を牽引する分野を開拓しなければならない。

その候補として村田製作所が注力しているのは自動車向け電子部品だ。「自動車の電子化は今後どんどん進んでいく。自動車内の各部品間の通信に加え、自動車と通信機器、自動車同士と通信用途が広がっていく」(担当者)。

14年度上半期の村田製作所のカーエレクトロニクス向け売上高は694億円。売上高全体の約15%にすぎないが、前年同期比20%増と急成長中だ。車載向けは採用までの期間が長いかわり、一度搭載が決まってしまえば安定した売り上げが得られるのが特徴だ。

今後村田製作所が最高益を更新し続けられるかどうかは、スマートフォン向け需要がいつまで続くか、そしてそれまでに代替事業を育てることができるかによって決まるだろう。

渡辺 拓未 東洋経済 記者

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

わたなべ たくみ / Takumi Watanabe

1991年生まれ、2010年京都大学経済学部入学。2014年に東洋経済新報社へ入社。2016年4月から証券部で投資雑誌『四季報プロ500』の編集に。精密機械・電子部品担当を経て、現在はゲーム業界を担当。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT