「空飛ぶ自動車」のぶっ飛んだ設計思想

<動画>飛行機、ヘリ、自動車のいいとこどり

プロペラがあるため、垂直に離陸することが可能だ。果たして実用性は?

アリゾナに拠点を置くクロスブレード・エアロスペース・システムズ社によって生み出されたスカイクルーザーは、最上級のテクノロジーの全てを備えるようにデザインされている。

ヘリコプターのように、スカイクルーザーは切り替え可能なローターシステムを備えており、それによって狭い場所でも離着陸が可能だ。滑走路は必要ないのだ。

素早い離陸が可能に

ナレーションは英語です(音量にご注意ください)

320馬力の電気式モーターを使用することで素早い離陸が可能となっている。飛行可能な高度にまで到達すると、ローターは稼働を終え、収納される。

こうしてスカイクルーザーは飛行機モードへと移行する。後方に搭載されたプロペラにより目的地へと飛んでいくのだ。最大で時速313マイルの速さで飛ぶことが可能であり、ヘリコプターよりも燃費の効率も高く、速く飛ぶことができる。また、貨物を運びながらでも約1000マイルの距離を飛行することが可能だ。

そしてまるでSFの変形シーンのように、離陸後は、5つの座席を備えた飛行機は自動車へと変身する。

このコンセプトの納期はまだ決まっていないが、その航路は順調のようにも見えるし、実現も不可能ではないのかもしれない。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。