「空飛ぶ自動車」のぶっ飛んだ設計思想

<動画>飛行機、ヘリ、自動車のいいとこどり

プロペラがあるため、垂直に離陸することが可能だ。果たして実用性は?

アリゾナに拠点を置くクロスブレード・エアロスペース・システムズ社によって生み出されたスカイクルーザーは、最上級のテクノロジーの全てを備えるようにデザインされている。

ヘリコプターのように、スカイクルーザーは切り替え可能なローターシステムを備えており、それによって狭い場所でも離着陸が可能だ。滑走路は必要ないのだ。

素早い離陸が可能に

ナレーションは英語です(音量にご注意ください)

320馬力の電気式モーターを使用することで素早い離陸が可能となっている。飛行可能な高度にまで到達すると、ローターは稼働を終え、収納される。

こうしてスカイクルーザーは飛行機モードへと移行する。後方に搭載されたプロペラにより目的地へと飛んでいくのだ。最大で時速313マイルの速さで飛ぶことが可能であり、ヘリコプターよりも燃費の効率も高く、速く飛ぶことができる。また、貨物を運びながらでも約1000マイルの距離を飛行することが可能だ。

そしてまるでSFの変形シーンのように、離陸後は、5つの座席を備えた飛行機は自動車へと変身する。

このコンセプトの納期はまだ決まっていないが、その航路は順調のようにも見えるし、実現も不可能ではないのかもしれない。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT