VW、中国に20種以上のEV投入へ

今後数年以内に

 10月28日、独フォルクスワーゲンは中国に20車種を超える電気自動車を投入する。写真は埠陽の自動車展示会場で9月撮影(2014年 ロイター)

[上海 28日 ロイター] - 独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>は向こう数年間で中国市場に20車種を超える電気自動車を投入する。中国事業を統括するヨヘム・ハインツマン氏が明らかにした。

同氏は記者団に対し、「VWは、プラグインハイブリッド車から電気のみを動力源とする純粋な電気自動車に至るまで、20車種を超える電気自動車を近い将来に中国市場に投入する」と述べた。

投入するのは小型車から大型SUV(スポーツ用多目的車)まで多岐に渡るとしている。

VWはこれまで、2018年までに中国市場に15車種を超える電気自動車もしくはプラグインハイブリッド車を投入し、その大部分を現地生産するとしていた。

中国都市部で大気汚染が悪化するなか、当局は排気ガス規制強化や、環境に優しい車の購入を促進する措置などを打ち出している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT