テレビ過去番組、さっさとネット配信せよ!

<動画>積み残し課題は後から解決すればいい

そしてもう一つの課題は、CMで儲けるというテレビ局のビジネスモデルだ。CMを飛ばして見ることの出来る録画機能が当たり前になっている中、過去番組の無料ネット配信まで一般化すれば、テレビ局はますます広告料を取れなくなる可能性が出てくる。

とにかく、今すぐにやるべきだ

ただ夏野氏は、この課題についてもこなしようがあると主張する。「CMも含め、ストリーミングでネット配信すればいい。地上波で放送してから1週間後にネット配信を開始し、1カ月間だけ配信するというふうな期限を設ければ、コマーシャルの製品もまだ売っている。それで一応のビジネスモデルは立つ」。

どんな形であれ、一刻も早くサービスを具現化することが最重要であると夏野氏は訴える。「放っておいても、テレビを見る若者の数は減っていく。現在の広告モデルの延長線上でもいいから、余計な心配をせずどんどん配信する。テレビ局の皆さん、前向きに検討してください」(夏野氏)。

音量にご注意ください

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT