(取り調べでの恫喝が)常態化していたとは思えないが、批判を受けても仕方がない面もある--伊藤鉄男・最高検次席検事


 「最高検には公務員の職権を濫用した刑事責任があるのでは」との厳しい問いには、「告発状を受けて真相解明の手続きが取られる。今は、最高検に(捜査が)及ぶことは想定されていないが、法と証拠に従うのが一般原理」と説明した。「時限爆弾という言葉は出てこない、というが、刑事部長も同じ考えか」との問いには、「証拠の中身や供述の内容に触れることは答えられない。報道機関は根拠を持って報道されていることだろうと思う」とかわした。
 
 「3人の容疑者の態度は真摯なのか、それとも黙秘を貫いているのか」との問いにも、「態度も、究極的には供述の内容に触れることなのでお答えすべきではないと思う」とした。厚生労働省の村木厚子元局長への謝罪については、「控訴を断念し上訴権を廃棄したときに、申し訳ないと申し上げたが、今回の検証や捜査の結果をみて、さらに適切に判断されること」と、追加謝罪の可能性に含みを残した。

4日目の8日については上述のとおり。
(山田雄一郎 =東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT