さっぱり貯金できない人は節約のコツを知らない お金を増やすために支出の見直しが欠かせない訳

印刷
A
A

無駄遣いも削減できたら、食費、交際費、お小遣い、趣味といった、毎月金額が変わる変動費の削減もしていきます。

これまでの相談事例などを基にした理想の支出割合を下図に示しました。

自分の支出割合と比べてみるとどうでしょう? 多少の個人差はありますが、もし理想の支出割合より大きく使い込んでいる費目があったら、そこは削減のポイントです。

変動費は水道光熱費から見直そう

固定費の削減が終わったら、変動費が見直せないかチェックしましょう。水道光熱費の基本料金は固定費ですが、使った分だけかかる従量部分は変動費です。資源エネルギー庁「家庭の省エネ徹底ガイド春夏秋冬」をもとに節約金額を試算してみます。

普段から無意識のうちに無駄遣いしている部分があるならば、それをなくすだけでも十分節約になります。たとえば、電化製品の「待機電力」。使っていなくても電力を消費していることを知っている方は多くても、待機電力をなるべくなくすことで年6000円以上の節約になることは知らないのではないでしょうか。ですから使わない電化製品のプラグは抜いておきましょう。

また、家の中でもっとも水を使うお風呂のシャワーも、節水シャワーヘッドに変えるだけで年5,000円〜1万円程度の節約ができます。

それから、冷房・暖房・冷蔵庫などの温度設定も見直しましょう。設定温度を少し弱くするだけでも、数千円の削減効果が期待できます。

意外なところでは食器洗い乾燥機。手洗いより水の使用量が抑えられるため、年間で8870円の節約ができるだけでなく、食器洗いの手間もなくせます。

次ページ水道光熱費はここまで減らせる!
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT