世界で戦う、鉄道王国ニッポンの弱点

海外への“売り込み”体制は万全か?

ある国内メーカーの幹部は、「イノトランスに出展した理由は、ビジネスを拡大するというよりも、外国のお客様にわれわれは元気でやっていますという姿を見せるのが目的」と語っていた。だとしたら、このように外国企業に比べて日本のイノトランスに対する取り組み姿勢はあまりにも異なるように感じる。

新幹線はもっと売り込める

日本政府は、安倍晋三首相が先頭に立って新幹線のパッケージ輸出を進めている。トップ外交や円借款などさまざまなレベルでサポートを行っているが、世界の鉄道関係者が一同に介するこうした見本市の場をもっと活用してもよい。

日本メーカーは屋外に実車展示ができないという点で欧州メーカーに後れを取っている。だとしたら、次回のイノトランスに新幹線車両を展示してみてはどうだろうか。北陸新幹線E7系の本物を展示できれば、内装の美しさに外国人が感嘆の声を上げる姿が想像される。

実際に新幹線を展示するとなれば、海上輸送に巨額の費用がかかるし、車両を購入するJRもいやがるかもしれないが、世界に日本の意気込みを示す上では大きなアピールになるはずだ。新幹線輸出の本気度を示したいなら、そのくらいスケールの大きい支援策があってもいい。

週刊東洋経済2014年10月25日号(10月20日発売)の特集は「鉄道異変あり!」です。速度重視から省エネに転じた高速鉄道、需要爆発の都市鉄道。変貌する世界の鉄道ビジネスに、日本はどう立ち向かうのか。最前線を追いました。
⇒詳しい目次の詳細・購入はこちらから

 

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT