相模鉄道、悲願の東京乗り入れ 懸案は横浜駅の地盤低下


 横浜駅周辺の商業施設は、みなとみらいなどに比べ、平日と休日の客数の差が小さいことも特徴だ。鉄道の乗り換え客を吸収できる地の利のよさで、商売が成り立ってきた。だが、他エリアとの競争激化に加え、相鉄横浜駅の乗降客減少が逆風になる。JR、東急のビル建て替え計画が動き出したが、街全体が統一された方向で再開発に向かわないと、時代に取り残されかねない段階に来ている。“西口の大家”相鉄への期待も大
きい。

相鉄の賃貸事業は、商業ビルへの依存度を下げることも課題だ。現在は事業の85%程度が商業ビルだが、「景気の変動を受けにくいオフィスの比率を3割程度にまで上げたい」と稲本社長。昨年は東京都心で既存の賃貸ビル2棟を取得した。

住宅関連では大規模開発がほぼ終了した。可能性が残るのは、駅前に農地が広がる、いずみ野線ゆめが丘駅周辺だが、地元の賛同が得られず、見通しは立たない。今後はマンション分譲とともに、賃貸マンション事業に力を注ぐ。これまでに既存物件5棟を取得。「総額150億円をメドに取得していく」(久保田豊・相鉄不動産社長)。購入物件は東京都心が中心。相鉄沿線は都心に比べ賃料が低く、採算が厳しいからだ。

鉄道、不動産と並ぶ柱が流通。沿線を中心に食品スーパーを展開する相鉄ローゼンがその核だ。消費不況で苦戦するが、伊藤英男・相鉄ローゼン社長は「食品スーパーは沿線価値への貢献が大きい」と言う。丸紅との提携で商品供給力や人材を強化、活路を見いだそうとしている。

鉄道沿線の住民ニーズをセットで取り込む鉄道会社のビジネスモデルは、人口減少社会の到来、地価の下落、沿線の開発余地縮小など、あらゆる面で崩壊。新しいモデルは、まだ明確になっていない。相互直通というチャレンジを機に相鉄がどんなモデルを目指すか、注目したい。

■相鉄ホールディングスの業績予想、会社概要はこちら

(安西達也 撮影:今 祥雄 =週刊東洋経済2010年10月2日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。