ノーベル賞、天野教授が語った「次の夢」

赤崎教授も出席し、初の記者会見を実施

共同記者会見を行う、赤崎勇・名城大終身教授(左)と天野浩・名古屋大教授(右)。手にしているのは、研究当初の青色LEDと現在の青色LED(2014年10月10日、名古屋大学にて/撮影:関口威人)

青色発光ダイオード(LED)の開発でノーベル物理学賞が決まった名古屋大学大学院工学研究科教授の天野浩さんが10月10日、フランス出張から帰国。同時受賞した名城大学終身教授の赤崎勇さんと共に、研究の舞台となった名古屋大学で合同記者会見に臨んだ。

待ち構えた報道陣から大量のカメラのフラッシュを浴びた天野さんは、「名古屋に帰ってきたら落ち着くかと思ったが、こんな状態でただただびっくり。ノーベル賞はまったく別の世界だと思っていたので、赤崎先生と一緒に自分が入っているとは思わなかった」と苦笑いしながら、「逆にこのような経験をさせてもらい、ありがたい」と述べた。

現在の研究の道を決めた理由は、「工学部は人の役に立つモノづくりの学問。自分には性にあっていると思った。赤崎研究室の青色LEDは中でも分かりやすいテーマだった」と天野さん。

「天野さんは絶対にあきらめなかった」と赤崎氏

一方、学生時代の天野さんの印象を問われた赤崎さんは「絶対にあきらめなかった。結晶づくりはきつい、きたない……という3Kのような作業。そういうこともできるし、コンピューターサイエンスなどもできる。何でもできる学生だった」と振り返った。

次ページ投げ出したいと思ったことは一度もない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT