「シリコンバレー史上最大の詐欺」はなぜ起きたか

セラノス元CEOホームズ有罪判決が意味する事

有罪判決を受けた、アメリカの血液検査会社セラノスの元CEO、エリザベス・ホームズはいかにしてシリコンバレーでのし上がったのか(写真:The New York Times)

エリザベス・ホームズの刑事裁判の終了間際、同氏の弁護団は、彼女の自己罰的な自己改善計画を証拠として提出した。

「午前4時起床、神に感謝」と手書きのメモは始まり、運動、瞑想、祈り、朝食(ホエイと、彼女の綴りでは「バンナナ」)と続く。午前6時45分、まだ怠け者が目覚まし時計を探し回っている頃に、彼女は2003年に設立した血液検査会社セラノスに出社している。

「1つの時代」に終わりを告げる判決

ホームズはセラノスにおける多くのルールを設けていた。「1分たりとも遅れない。興奮を見せない。すべてはビジネスのため。衝動的にならない。すべての出会いの結果を知っておく。躊躇しない。つねに決断し、必要に応じて変更する。めったにしゃべらない。デタラメはすぐに指摘する」などだ。

そしてそれはうまくいっていた。ホームズの決意はとても固く、不可能を認めることを拒否することで不可能を実現する、というシリコンバレーのやり方にぴったりだったので、1月3日に陪審員が正式に4件の詐欺罪で有罪判決を下す瞬間まで、彼女を信じる人々がいた。

この判決は1つの時代の終わりを告げるものだった。話だけと実績の境界線が曖昧なシリコンバレーにおいても「インチキ」がいよいよ限界に達した、という。

スタンフォード大学の中退からセラノスの90億ドルの評価額、そして有罪判決までの壮大な栄枯盛衰は、ハイテク産業がイーロン・マスクやジェフ・ベゾスによって地球外植民地での新しい生活に向けて出発するまで、カリフォルニア州パロアルトのコーヒーショップやジュースバーで、スルメイカのように味の出る話の種になり続けた。

ホームズは10年の間、経験豊富な投資家、何百人もの優秀な社員、豪華な役員、そして新たなスターを、たとえ資格がなくても、あるいは資格がないからこそあがめたがるメディアをあばき続けてきたのだ。

次ページ華麗なるギャツビーとホームズの「類似点」
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT