米ゴールドマン・サックス、オフィス復帰を撤回

オミクロン株感染急増受けて在宅勤務を推奨

米ゴールドマン・サックス・グループは新型コロナウイルスのオミクロン変異株の感染者が全米で急増する中、同国内の従業員に対して可能なら今月18日まで自宅で仕事をするよう求めている。

オフィス復帰を最も積極的に推し進めていたが…

ゴールドマンはウォール街の金融機関の中でオフィス復帰を最も積極的に推し進めている企業の1つだったが、JPモルガン・チェースやシティグループなどがより慎重な姿勢を取って社員に在宅勤務を促す中で、同社も方針を転換した。 

同社は昨年12月27日に米従業員に対し、新型コロナワクチンの追加接種を義務化するとともに、対象者となっていれば、オフィスに入る人全員に2月1日までの接種を義務付けると通告していた。

ゴールドマンのスポークスマンにコメントを求めたが現時点で回答していない。 

原題:

Goldman Backtracks on Return-to-Office as Omicron Surges (1)(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Sridhar Natarajan

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT