画期的発明? 「食べ物のムダ」を減らすラベル

<動画>プロテインが消費期限を正確に示す

ラベルがついた食品と同じスピードで、ラベル自体も腐敗する。ゼラチンの濃さを調整すれば、あらゆる食品に用いることができる。しかし、用途はこれに限らないようだ。パクステイトさんは言う。「臓器移植にも応用して、臓器の温度や、すべてのコンディションに問題がないか確認できるかもしれません。劣化が早いために使用期限が短い薬にも応用が可能かもしれません。悪くなった薬を飲みたくはありませんから。劣化が早い、あるいは、有効期限が短いものに対しては、何にでも用いることができます」。

問題も残っている。ゼラチンは動物性なので、ベジタリアンから敬遠される可能性がある。店頭ですぐにこの生体反応消費期限ラベルを見かけることがないとしても、もう従来の食品ラベルの仕組みは時代遅れのようには思えてくる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT