コンビニ飯でも風邪に負けない体質を作れる

粘膜を丈夫に保つための食材はこれ!

・タンパク質…赤身肉、赤身魚、ウナギ、レバー、アサリ、卵、ヨーグルト、大豆製品
・鉄分…赤身肉、赤身魚、ウナギ、アサリ、レバー
・ビタミンA…赤身肉、赤身魚、ウナギ、レバー、緑黄色野菜全般、マンゴー、柿
・ラクトフェリン…牛乳、ヨーグルト

 

こうして見ると、風邪予防に効果的な栄養素を複数含んでいる食材がいくつかありますよね。

そして野菜編としては、下記の食材が挙げられます。

・生姜、ニンニク、タマネギ、ネギ、ニラ
→共通して「アリシン」や「硫化アリル」といった成分が含まれている野菜。ウイルス撃退効果が期待されている。
・ブロッコリースプラウト、ブロッコリー、かいわれ、キャベツ
→共通してがん予防で一気に注目を浴びた「スルフォラファン」という成分が入っている野菜。特にブロッコリースプラウトには含有量が高いと言われている。

 

サラダはもちろん、いろんなメニューの付け合わせや下味に使われていそうな野菜ばかりなので、コンビニでも見つけやすいでしょう。

風邪を引き起こす原因と、予防食材がわかったところで、コンビニに出かけてみましょう。メニュー例として以下を参考にしてみてください。

〈みわ子流、風邪に負けない体を作るコンビニ飯の選び方!〉
 ・豚肉の生姜焼き
 ・焼肉弁当
 ・マグロの手巻き寿司、鉄火丼、マグロの握り寿司
 ・ボンゴレパスタ、クラムチャウダーなどアサリ入りメニュー
 ・レバニラ

 

これらのメニューに加え、しばらくはヨーグルトと野菜サラダも1日の食事で必ず取り入れるようにしておけば、効率よく風邪予防&体質改善食材が摂取できるでしょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT