鉄道のDNAが生きるバス「ひたちBRT」

東京も導入?渋滞無縁の「未来の街バス」とは

おさかなセンターで発車を待つひたちBRTのハイブリッドバス。海をモチーフとしたデザインは沿線商業高校の生徒によるもの

「BRT」がひそかに注目を集めている。

BRTとは、「バス・ラピッド・トランジット」の略。日本語に訳せば、「バス高速輸送機関」となる。専用の道路やレーンを走行し、渋滞知らずで高い定時運行性と高速性を備えるバス交通システムだ。

バスの柔軟性と都市鉄道の利便性を兼ね備え、建設コストも安価というメリットがあり、南米やアジアを中心に世界各地で実用化されている。

2015年度に新潟市導入、東京五輪開催に向け整備も

本来は、鉄道とは異なる交通システムだが、日本では失われた鉄道の用地や跡地を活用して整備されるケースが多い。東日本大震災で津波被害を受けたJR大船渡線・気仙沼線に鉄道の「仮復旧」として導入された事例が有名だ。

一方近年は、リーズナブルで環境にも優しい公共交通として各地の自治体で導入計画が相次いでいる。新潟市では市内公共交通の新たな核として2015年度の導入を予定しており、山梨県甲府市では中央リニア新幹線の新駅へのアクセス交通として有力視されている。東京でも、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けて整備される交通機関の候補に、BRTが挙げられた。

次ページ注目を集める日立市のBRTの取り組み
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。