日本板硝子、小が大をのむ買収の行方、外国人社長を「監視」《新しい経営の形》

日本板硝子、小が大をのむ買収の行方、外国人社長を「監視」《新しい経営の形》

2006年6月、日本板硝子は世界的ガラス企業、英国ピルキントン社を6160億円で買収した。当時、ピルキントンの売り上げは日本板硝子の2倍強。「小が大をのむ」買収と、世間の注目を集める。これにより日本板硝子は、世界29カ国で事業展開する世界首位級のガラスメーカーに躍り出た。

だがリーマンショック後は、欧米売り上げが全体の60%弱に高まった構造変化が、逆に脆弱さとなった。欧米の回復は鈍く、09年度最終赤字は413億円。今期も40億円の最終赤字が続く。欧州各国とも依然、財政・金融危機の火種を抱えており、先行きは楽観できない。

05年のピルキントン買収交渉開始後、同社株価は30%も上がった。買収金額が膨らみ、毎年180億円前後ののれん・無形固定資産償却が発生、損益を圧迫する。日本板硝子は、ピルキントン買収で“国際企業”への衣替えを果たすことはできたが、その成果は享受できていない。


英国人社長が突如退任 外国人社長へのこだわり

09年8月、日本板硝子が大規模な構造改革を実施する中で、社長兼CEOであるスチュワート・チェンバース氏が任期途中で退任を表明する事態が発生した。チェンバース氏はピルキントン出身の英国人。「子どもの教育など家庭の事情」が退任理由とされるが、同氏の役員報酬は4億~5億円だったとささやかれ、それを捨てての退任は衝撃を与えた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT