大きいほうのiPhone6、出荷1カ月遅れも

5.5インチのiPhone 6 Plusに注文が殺到

 9月12日、アップルのアイフォーン6プラスに事前注文が殺到した。写真はアイフォーン6と同機種。カリフォルニア州で9日撮影(2014年 ロイター/Stephen Lam)

[12日 ロイター] - 米アップルの新型スマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)6プラス」は、19日配達分への事前注文が受け付け開始後数時間で殺到したため、大半の出荷が3━4週間遅れる見通しだ。

アイフォーン6プラスは、画面サイズ5.5インチの大型タイプ。

同社のウェブサイト(http://bit.ly/1qNAOLK)によると、画面サイズが4.7インチの「アイフォーン6」は、19日の配達が可能という。

米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズや、 AT&T、スプリントもウエブサイトでも、最大6週間の遅れが生じると説明している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。