大きいほうのiPhone6、出荷1カ月遅れも

5.5インチのiPhone 6 Plusに注文が殺到

 9月12日、アップルのアイフォーン6プラスに事前注文が殺到した。写真はアイフォーン6と同機種。カリフォルニア州で9日撮影(2014年 ロイター/Stephen Lam)

[12日 ロイター] - 米アップルの新型スマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)6プラス」は、19日配達分への事前注文が受け付け開始後数時間で殺到したため、大半の出荷が3━4週間遅れる見通しだ。

アイフォーン6プラスは、画面サイズ5.5インチの大型タイプ。

同社のウェブサイト(http://bit.ly/1qNAOLK)によると、画面サイズが4.7インチの「アイフォーン6」は、19日の配達が可能という。

米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズや、 AT&T、スプリントもウエブサイトでも、最大6週間の遅れが生じると説明している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT