大きいほうのiPhone6、出荷1カ月遅れも

5.5インチのiPhone 6 Plusに注文が殺到

 9月12日、アップルのアイフォーン6プラスに事前注文が殺到した。写真はアイフォーン6と同機種。カリフォルニア州で9日撮影(2014年 ロイター/Stephen Lam)

[12日 ロイター] - 米アップルの新型スマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)6プラス」は、19日配達分への事前注文が受け付け開始後数時間で殺到したため、大半の出荷が3━4週間遅れる見通しだ。

アイフォーン6プラスは、画面サイズ5.5インチの大型タイプ。

同社のウェブサイト(http://bit.ly/1qNAOLK)によると、画面サイズが4.7インチの「アイフォーン6」は、19日の配達が可能という。

米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズや、 AT&T、スプリントもウエブサイトでも、最大6週間の遅れが生じると説明している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。