大きいほうのiPhone6、出荷1カ月遅れも

5.5インチのiPhone 6 Plusに注文が殺到

 9月12日、アップルのアイフォーン6プラスに事前注文が殺到した。写真はアイフォーン6と同機種。カリフォルニア州で9日撮影(2014年 ロイター/Stephen Lam)

[12日 ロイター] - 米アップルの新型スマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)6プラス」は、19日配達分への事前注文が受け付け開始後数時間で殺到したため、大半の出荷が3━4週間遅れる見通しだ。

アイフォーン6プラスは、画面サイズ5.5インチの大型タイプ。

同社のウェブサイト(http://bit.ly/1qNAOLK)によると、画面サイズが4.7インチの「アイフォーン6」は、19日の配達が可能という。

米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズや、 AT&T、スプリントもウエブサイトでも、最大6週間の遅れが生じると説明している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。