テスラが車載ゲームを走行中は利用不可へと 米運輸当局へのテスラからの報告で明らかに

拡大
縮小

米電気自動車(EV)メーカーのテスラは、運転中もビデオゲームの操作が可能となる車載機能について、走行中は利用できないようにする。米運輸省道路交通安全局(NHTSA)が23日明らかにした。

テスラの車載ゲームを米当局が調査-運転手でも走行中にプレー可能

この機能は「パッセンジャー・プレー」と呼ばれ、テスラ製車両のダッシュボード中央部に設置されたタッチスクリーンで走行中でも運転手や同乗者がゲームを操作できるようになっている。NHTSAは22日に同機能について正式な調査を開始していた。

NHTSAは電子メールで配布した声明で、走行中はこのゲーム機能がロックされるようソフトウエアの更新を行っているとテスラから報告があったと明らかにした。テスラに電子メールでコメントを求めたが、今のところ返答は得られていない。

NHTSAは、2017-22年型の「モデル3」や「モデルS」など4車種、約58万台を対象に調査を行っている。20年12月からこれらの車両でこのゲーム機能が利用可能となっていた。

NHTSAの発表内容については、AP通信が先に報じていた。

原題:Tesla Disables Video Game Function in Cars That Triggered Probe(抜粋)

 

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Alan Levin

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT