ビートルズ「最後のライブ」はなぜ屋上だったのか 『ジョン・レノン 最後の3日間』Chapter37

印刷
A
A

この様子を文字通り通行人の頭上から捉えていたのが、アメリカ人カメラマンのイーサン・ラッセルだった。

ジョンから依頼を受けたラッセルは、屋上から隣のビルの壁によじ登るという危険を冒して、演奏するビートルズの姿を頭上から撮影することに成功した。

ロンドンの街を背景にしたジョンとポール、ジョージ、リンゴ――世界で最も有名なロックローラーたち――の姿は、周りを取り囲むほかのすべての人々と同様に、小さく見えた。

「彼らも、普通の人間なんだ」

シャッターを切るラッセルの心を、そんな思いがよぎった。

ビートルズ、伝説のラストライブ

ビートルズはこの日、42分間にわたって5曲を披露した。

「ゲット・バック」は3バージョン、「ドント・レット・ミー・ダウン(Donʼt Let Me Down)」と「アイヴ・ガット・ア・フィーリング(Iʼve Got a Feeling)」は2回ずつ演奏したので、テイクは9回分だった。

ロンドン警視庁からやってきた警官たちは、アップル本社のビルを取り囲み、スタッフにこう言い渡した。

「10分間やる」

とはいえ巡査たちとて、もちろんビートルズのファンだ。約束の10分が過ぎても、すぐに演奏を止めることはしなかった。

そしてついに、警察がビル内部に立ち入り、屋上に向かった。スタッフたちは念のため、大急ぎでトイレに駆け込んでドラッグを流した。

警察が屋上に辿り着いたところで、コンサートは終了した。ジョンは、マイクに向かって語りかけた。

『ジョン・レノン 最後の3日間』(祥伝社)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。

「バンドを代表して、お礼を言いたいと思います。オーディションに合格できたならいいんだけど」

ポールとジョージ、リンゴは、これを聞いて微笑んだ。4人の胸にある想いは、同じだった。

僕たちはいまでも、世界最高のロックンロール・バンドだ。このルーフトップ・コンサートがビートルズとして最後のライブになるかもしれない予感はあったか、と2019年のインタビューで聞かれたポールは、こう答えている。

「いいや、そんなふうには感じなかったよ。ほかのメンバーも同じじゃないかな。ただたんに、たくさんの曲を書いてリハーサルをした成果として、あそこで演奏しただけだった」

だが終わりというものは、必ず訪れる。予感のあるなしにかかわらず。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT