2022年こそ始める「投資信託」超初心者向けに説明

普通預金と投資信託では20年後に大きな差

初心者がほったらかしで投資するのにおすすめなのが「投資信託」だとお伝えしましたが、「いつ買ったらよいか」と二の足を踏む人も多いでしょう。また、できるだけ少額から始めたいという人もいると思います。

そんな人におすすめなのが、投資信託を積み立てで買って、長期で続けていくこと。毎月同じ金額で同じ投資信託を買っていく「積立投資」は、一度申し込みをしたあとはほったらかしでも、毎月自動で買い付けがされます。運用のプロに投資・運用をおまかせできるうえ、投資先や買う時期を分散させることでリスクを抑える効果があり、「長期分散投資」が自然にできます。

さまざまなサービスの「乗り換え」によって浮いたお金や、10年以上使う予定のないお金といった余裕資金で挑戦してみましょう。一部のネット証券では月100円の少額から始められるので、まずはお試しで始めてみるのもおすすめです。

積み立てで投資信託を購入していく方法

一度申し込みをすると、毎月同じ金額で同じ投資信託が自動で買い付けされます。少額から始めても、ほったらかしでも、階段を上るようにお金が増えていきます。さらに運用によって利益が出れば、その増えたお金と積み立てた元本と合わせて運用される「複利効果」で増えるスピードがアップ。ときにはマイナスになっても、安い時期に自動的に買い付けされ、長期で考えればお金が増える可能性があります。

[例]月2万円を20年間
平均利回り3%の投資信託で積み立てた場合

元本2万円× 12カ月× 20年間=480万円
元本 + 平均利回り3%での運用収益 金額656万6040円

元本 + 運用収益  元本
656万6040円 - 480万円 = 176万6040円

20年間で176万6040円
プラス!

※金融庁HPの資産運用シミュレーションにて試算。手数料や税金を考慮せず。将来の運用成果を予測し、保証するものではありません。また特定の金融商品の取引を推奨し、勧誘するものではありません。

次ページ普通預金と投資信託は長期で大きな差に
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 戻りたくなる組織の作り方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT