ムーディーズ社アップルを最高格付けに引き上げ

時価総額世界トップの同社へのさらなる追い風に

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは21日、米アップルの無担保優先債の格付けを従来の「Aa1」から「Aaa」に引き上げた。アップルはS&P500種構成銘柄の中でマイクロソフトやジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)と並んで最高格付けを得た。

並外れた流動性、力強い利益成長を評価

ムーディーズのアナリスト、ラジ・ジョシ氏は発表資料で、「アップルのAaa格付けへの引き上げは同社の並外れた流動性や、今後2、3年間引き続き伸びると予想される力強い利益、非常に堅固なビジネスプロフィルが反映された」と説明した。

今回の格上げは既に時価総額で世界トップの企業であるアップルへの追い風となる。投資家はアップルの拡張現実分野への進出や自動車事業参入の可能性が増収を後押しするとみており、時価総額は3兆ドル(約340兆円)前後を維持している。

ムーディーズは、長期的に「ネット・キャッシュ・ニュートラル」への移行を目指すアップルの財務戦略と、米税制改革以降の資本配分は「向こう3-5年は並外れて力強い流動性プロフィルを維持する」であろうことを意味すると指摘した。

原題:

Apple Upgraded to Top Bond Rating by Moody’s on Growth Prospects(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Jack Pitcher、Mark Gurman

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT