真骨頂!豊田章男の魅せた「超プレゼン力」の中身 伝説の家庭教師が採点!「新庄剛志との共通点」

印刷
A
A

プレゼン後、私のフェースブック上でも、友人や知人が、次々にこのプレゼンについての感想を投稿していました。

「やっぱ、この人いいなあw いろいろあるけど、ほんとにクルマが好きなんだな」
「話題になってたのでランチのうどんをすすりながら見てみたら。章男さんのプレゼンは取ってつけたような仰々しさにこちらが気恥ずかしくなる印象を持っていたけど。それでも物凄い感動して、なぜか泣きそうになった」
「私はこの動画を見て一発で豊田章男社長のことを好きになってしまいましたよ」

など、共感の声であふれていました

豊田社長の振り切ったパフォーマンスは、北海道日本ハムファイターズの監督に就任した新庄剛志氏を彷彿とさせます。その心は、「目的を達成する」ためであれば、徹底的に「道化」になることをいとわないというところでしょうか。

豊田社長は、社内報の中で、「すごいプレゼンをする秘訣は何か」と聞かれて、こう答えています。

唯一のアドバイスは、人前に出ていくと「はずかしい』とか、やっぱり人間だから「いいカッコしたい」っていうのが出るんだよ。それさえ捨てりゃラクだよ(笑)。
いいカッコしようという気持ちさえなければ、ものすごくラク

カッコつけて話そうとすることほど、カッコ悪いことはないということです。

保守的な業界で当初、豊田流プレゼンに、「やりすぎだ」と眉をひそめる人が多かったのも事実ですが、そうした声に臆することもなく、大きな身振りと笑顔で徹底的に聴衆を楽しませること、奮起させることに情熱を注いできました

彼があえて、堂々とした動作にこだわり、ある種の「道化」を演じ切る裏には、「昨日までのやり方を踏襲していては、立ち行かなくなる」という強い危機感を、強いエネルギーで体現したい、そうした意図があるはずです。

「グローバルで共感を広げられるか」が課題

「創造的プレゼン」は「社会の空気を変える力」を持つ。豊田社長の捨て身のパフォーマンスはこんなことを教えてくれたわけですが、トヨタ自動車に対する風圧はいまだかつてなく高くなっています

国際的な環境NGOは、トヨタをターゲットにした批判の手を緩めてはいませんし、グローバルメディアや世論は、アンチガソリン車へ舵を大きく切っており、「多様な選択肢」というトヨタの姿勢に異議を唱えています。

今回のプレゼンが日本語で行われたことは、「まずは国内の理解を得たい」という思いもあったのかもしれません。

今後、どのようにグローバルで共感を広げていくのかが大きな課題になってくるでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT