バイデン政権中国半導体最大手への制裁強化検討 同社への輸出に対する規則を厳格化する内容

拡大
縮小

バイデン米政権は、中国最大の半導体メーカーである中芯国際集成電路製造(SMIC)に対し、より厳しい制裁を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。高度な技術への中国のアクセスを制限する取り組みを強化する。

協議の非公開を理由に関係者が匿名で語ったところによれば、国家安全保障会議(NSC)は16日に会合を開き、変更の可能性について議論する。商務、国防、国務、エネルギー各省も代表者を通じて参加する。

半導体製造措置を供給するを厳しく制限

検討中の提案はSMICへの輸出に対する規則を厳格化する内容。提案の一つが採用されれば、アプライド・マテリアルズやKLA、ラムリサーチなどがSMICに半導体製造措置を供給する能力は厳しく制限される。

現行の規則では、高度の半導体製造に「独自に必要な」機器の輸出禁止を明記している。会合で検討する提案の一つは、これを「使用可能な」に変更する内容で、それほど高度でない電子部品の製造に使われる装置も制限対象に含まれるようになる。

商務省の報道官は、輸出規制方針に関する省庁間の協議についてはコメントしないとしながらも、米国の技術リーダーシップを損なうことを避けながら国家安全保障と外交上の利益を促進する規制措置の採用に向けて取り組んでいるとコメントした。NSCの報道官はコメントを控えた。

次ページ日本・韓国企業との協力がカギ握る
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT