30年ぶりの「父娘の再会」実現に導いた男の機転

漫画「テツぼん」(第28集・第8話)

SDGs事務局の葉山理沙には、取材とは別の目的があるようで――

鉄道オタクで元フリーターの仙露鉄男は、亡くなった父のあとを継ぎ、ある日、突然国会議員に。

『テツぼん(30)』(小学館)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

やる気のなさとは裏腹に鉄オタ知識を発揮して、さまざまな政治トラブルを解決していく。

そして、国土交通政務官に就任する。その立場になったのをいいことに、現場視察の名目でローカル鉄道の全国行脚!!

漫画『テツぼん』(小学館)より抜粋してご紹介します。

この記事の漫画を読む(23ページ)
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT