米タイム誌恒例の「今年の人」にマスク氏を選出

新興のEVメーカーを時価総額1兆ドルの巨大企業に

米タイム誌は毎年恒例の「今年の人(パーソン・オブ・ザ・イヤー)」に、米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)を選んだ。新興の電気自動車メーカーを時価総額1兆ドル(約113兆円)の巨大企業に育て上げ、世界で最も裕福な人物となったマスク氏が、その地位を固めた象徴的な出来事だ。

タイム誌は、革新的で物議を醸すことも多いマスク氏を選んだ理由について、「地球上でマスク氏ほど大きな影響力を持つ人物はほとんどいない。地球の外でも少ないかもしれない」と説明。「マスク氏は多くの産業を破壊しながら、世界が抱える幾つかの最も困難な課題を解決することを自身の使命としている」と評価した。

原題:Musk Named Time’s Person of the Year After Tesla’s Stellar Run(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Rick Clough

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT