「ランクル300」ボディを拡大しなかった深いワケ

サイズと形状に見る本格オフローダーの最適解

300系となった「ランドクルーザー」。価格は510万~800万円(写真:トヨタ自動車)
この記事の画像を見る(10枚)

2021年8月にモデルチェンジを実施し、200系から300系へと世代交代したトヨタのフラッグシップSUV「ランドクルーザー(以下ランクル)」。すでに写真や動画でデザインを確認している人も多いだろう。

筆者もその1人だったが、先月横浜で行われた報道関係者向け試乗会で実車に触れると、改めてわかった部分もあった。その印象を含めて、新型のデザインについて紹介していきたい。

まず触れておきたいのは、ボディサイズとプロポーションだ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

モデルチェンジのたびに大型化する車種が多い中、300系は全長4950~4985mm、全幅1980~1990mm、全高1925mmと、3サイズは先代とほとんど同じで、2850mmのホイールベースに至っては3世代前の80系から変わっていない。

道なき道を走るための必然

ご存じの方もいるかと思うが、ランクルは世界各地の道なき道を踏破するために供給される、究極のモビリティツールだ。意味のないサイズアップは、ツールとしての機能をスポイルするおそれがある。

たとえば、オフロード性能の指標になる数字の中に、ボディの前端・床下・後端がそれぞれ乗り越え可能な角度を示す、アプローチアングル、ランプブレークオーバーアングル、デパーチャーアングルという3つの対地障害角があるが、ボディを拡大すると、最低地上高を上げなければこの3つの数字は小さくなってしまう。こうした条件までを考えて、サイズをいじらなかったのだろう。

オフロードカーに必要な3つのアングル(写真:トヨタ自動車)

ただし、プロポーションは少し変わっている。大小の箱を積み重ねたようなステーションワゴンスタイルは先代200系と同じだが、ノーズがやや長くなり、キャビンは少し後方に寄せてある。

先代モデルとなる200系の後期型(写真:トヨタ自動車)

これは300系が初導入となる、TNGA思想に基づく新世代プラットフォーム「GA-F」が関係している。

GA-Fプラットフォームでは、走行性能向上のためにエンジン搭載位置をこれまでより低く、後ろにしたからだ。デザインではこれを生かし、ルーツである50系に近いプロポーションとすることで、ヘリテージ性も盛り込んだという。

一方、多くの人がもっとも変わったと思っているであろう顔つきは、実は先代200系のマイナーチェンジ時にヒントがある。

次ページさらにキャラクターを極めたGRスポーツ
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT