「ランドクルーザー」14年ぶりの新型に見る課題

ラダーフレーム、非電動化…守る“らしさ"

今回、発表された「ランドクルーザー」のデザイン。右の車両には「GR」のエンブレムがつく(写真:トヨタ自動車)
この記事の画像を見る(21枚)

トヨタは2021年6月10日、新型「ランドクルーザー」をオンラインで世界初公開した。これまでの「200系」に代わるモデルで、「300系」となるモデルだ。

このニューモデルを詳しく見ていく前に、まずはランドクルーザーというクルマの歩みに触れておこう。

“ランクル”と呼ばれ親しまれているランドクルーザーシリーズは、1951年に「トヨタ BJ型」の名で誕生。70年にわたり、世界中のあらゆる道をユーザーとともに走り続けてきた4輪駆動車だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

「BJ型」は警察予備隊向けに開発されたものだったが(採用は叶わなかった)、初めて富士山6合目までの登坂に成功した自動車となるなど、厳しい環境下でも高い走破性を発揮。国家地方警察のパトロールカーとして導入され、実績を積む。

“陸の巡洋艦”を意味するランドクルーザーに改称されたのは1954年。以降、累計約1040万台、年間30万台以上が生産され、世界170の国と地域で愛用されている。

その後、いくつかの派生車種の登場やモデルチェンジを経て、現在は1984年に登場したヘビーデューティー型の「70系」と2009年に登場したライトデューティ型の「ランドクルーザー プラド(150系)」、そして2007年に登場したステーションワゴン型の200系を市場に応じてラインナップ。

ランドクルーザー200系(写真:トヨタ自動車)

今回フルモデルチェンジされた300系はこの200系の後継となるモデルで、最新技術が満載されたランドクルーザーシリーズのフラッグシップだ。

オフロード走行を考慮した機能美

エクステリアは、ランドクルーザーのヘリテージを継承しつつも、オフロード走行時にダメージを受けにくいようにランプ位置やバンパー造形を考慮。インテリアは、悪路状況でもクルマの姿勢を捉えやすい、水平基調のインストルメントパネルが採用されるなど、オフロードカーとしての機能美が追求される。

車両サイズなど詳しいスペックはまだ発表されていないが、悪路走破性を重視し、全長・全幅・ホイールベースなどの各サイズと、ディパーチャーアングル・アプローチアングルは一部グレードを除き、従来型を踏襲すると説明された。

次ページ2つのV6ツインターボエンジンを搭載
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT